<< 地球消滅の日〜その時、人類は… ナショナルジオグラフィック | main | 家の中のすごい生きもの図鑑 久留飛克明・村林タカノブ >>

高度1万メートルから届いた 世界の夕景・夜景 杉江弘

 合計飛行時間3万時間以上!
 世界中の空を飛び回ったパイロットである著者による世界の夕景および夜景の写真集。微妙な時間帯だけに、その瞬間にしか存在しえなかった景色が切り取られて展開されている。
 特に都市は刻々と姿を変えていくので、いまはまったく別の姿をしているに違いない。貴重な写真だ。

 撮影テクニックの講座もあるが、パイロット目線からみた飛行機雲の話が興味深かった。飛行機雲から気流を読みとり安全性や経済性から高度変更の判断をする。
 ある意味で職業病といえるかもしれない。

 地上からでも飛行機雲は気象に関する情報を与えてくれるはずで、飛行機が飛んでいなかった時代には存在しなかったファクターだ。だから観天望気の蓄積が足りないとすれば、詳しく追ってみる価値がある。
 夕景のベスト3に大阪が、夜景のベスト3に東京が入っていた。こういうところでも名古屋は入れないんだ……まったく名古屋は地味だぜ!フウハハハハー!!

関連書評
空から見る日本のふしぎ絶景50 渋川育由

高度1万メートルから届いた世界の夕景・夜景
高度1万メートルから届いた世界の夕景・夜景
カテゴリ:写真・イラスト集 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:19 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3437
トラックバック