<< セラミックス 第53巻 5月号(2018年) | main | 聖書の謎を追え 第2話 退廃の街「ソドムとゴモラ」 >>

聖書の謎を追え 第1話「ノアの箱船」の真実

 ナショナルジオグラフィック
 考古学的・地学的な検証を期待していたら、半分はゆんゆんな聖書原理主義者に占領されていて辟易した。アメリカにおける「両論併記」のラインがだいたい分かった。
 地質学者のアラン・ギシュリック氏を心の底から応援した。出てきた聖書原理主義者は対話がなりたつほうだけれど、もっとめんどうくさい人々に対応するコストをアメリカ社会は支払っているわけである。彼らが足を引っ張ってくれるおかげで、他国にも対抗の余地がある?
 そもそも聖書を盲信する人々は、聖書が書き写されるときに間違いが生じた可能性も無視できるのか?不完全と聖書にも太鼓判をおされた人間が書き写したのにミスしないわけがない。
 そこは神の意志で聖書が守られたと考えるのかなぁ。謎い。
 まぁ、聖書原理主義者の主張を切り取って、映像の締めに利用するナショナルジオグラフィックの方がおそろしい気はした。

 大洪水の原因について、地底蒸気説など荒唐無稽な説がいろいろ出てきた。彗星説は知らなかったので興味深かった。コンピューターシミュレーションまでされていた。
 実際に起きたら、ほぼ確実に津波堆積物や打ち上げられた巨石の痕跡が残るはずだけど……

 最後は王道の黒海海水流入説で締められた。この現象に人類が相対したとしたら、すさまじい苦難が生じたに違いない。それでも乗り越えて生き残った人がいるから、大洪水の伝説が存在している?さて、真実はどうかな。

関連書評
大地と海を激変させた地球史46億年の大事件ファイル ニュートンムック

ナショナルジオグラフィックDVDレビュー記事一覧

DVD BOX 聖書の謎を追え
DVD BOX 聖書の謎を追え
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 20:09 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3439
トラックバック