<< 聖書の謎を追え 第2話 退廃の街「ソドムとゴモラ」 | main | 聖書の謎を追え 第4話 「失われたアーク」を求めて >>

聖書の謎を追え 第3話 検証[出エジプト] ナショナルジオグラフィック

 10のわざわいがエジプトに降りかかり、海が割れたとされる、ユダヤ人によるエジプト脱出の伝説。それを考古学的、科学的に検証する。
 わざわいについては連鎖反応が起こったので実質は2つくらいかもしれない模様だ。風が吹けば桶屋が儲かる方式で、ナイル川に赤潮が起こればユダヤ人が脱出できる?
 ユダヤ人は穀物を春には空にする厳しい習慣をもっていて、そのおかげでネズミの発生などが押さえられ、長男を皆殺しにした災厄から逃れることが出来た説が興味深い。
 しかし、春に穀物がなくなったら、次の収穫までどうするのやら。冬の間だけ穀物を食べる生活で、基本的には放牧の民だった?エジプト人が愚かだったのではなくて、そういう生活習慣を持ちたくても持てなかった感じがした。

 モーセの海割りについては溶岩で陸地ができた説にはかなりの無理を感じた。ウインドセットダウン効果も激しい風が吹く最中に陸橋をわたるのは危険である。
 まずは浅瀬の場所を探すべきだと思っていたら、元警察官のアマチュア聖書研究家がいちおう位置を示していた。学会発表で検証に耐えられればいいのだが。

 まとめは割と否定的で伝説はいろいろな経験の集合体とみている。事実を部分的に含んでいるはずだから、ややこしい。

関連書評
NHKスペシャル四大文明[エジプト] 吉村作治・後藤健

ナショナルジオグラフィックDVDレビュー記事一覧

DVD BOX 聖書の謎を追え
DVD BOX 聖書の謎を追え
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 20:12 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3441
トラックバック