<< 絶滅した奇妙な動物シリーズ 生命のはじまり古生代 川崎悟司 | main | 日本の手仕事 機織りさん筆職人さんほか 遠藤ケイ >>

中東世界データ地図〜歴史・宗教・民族・戦争 ダン・スミス

 龍和子 訳。
 紛争の絶えない中東世界の歴史をデータの載った地図でしめす本。普通の歴史地図とはちょっと雰囲気が違っている。見た目より空間への描写が強くない反面、タイトルにあるデータの表示にはこだわりが感じられた。

 中東の現状はオスマン帝国から始まっているとして、変化を追っていき、最後は中東各国の状況が示される。モロッコまで中東に含めたのだから、モロッコのまとめも見せてほしかった。
 有志連合に軍を派遣していたり、かなり興味深い動きを示しているので。西サハラで泥沼に足を突っ込んでいるのに、やたらと元気である。
 本書ではトルコを中東に含めていない。歴史的経緯を重視したその理由も説明されて、それなりに納得した。しかし、トルコをヨーロッパ側に含める分類にも異論が出そうで、世界の新潟県的な立ち位置になっている。
 ちなみに日本がテロリストグループがリビアから支援されたことで名前が出てきていた。あと、石油の輸入国として。基本的に遠い国の印象を受けてしまうのだが、やはり目を離せない地域だ。
 だから本書が出ているわけだ。

 各国ではひどい状況の国が多くため息が漏れた。イエメンの年表で「戦争の第○ラウンド」って表記されるのいつまで続くのかと……。イラクでも悲惨なのに、シリアはもっとひどい。サウジアラビアをのぞく湾岸6王国の状況は比較的ましだが、それはパンとサーカスを王が民衆に与えているおかげと分析されている……。
 サウジアラビアはいちおう平時でありながら多方面作戦を展開していて戦略的にもいまいちに見えた。資源を集中してひとつずつ一気に解決するべきなのだが、サウジアラビアが資源を集中してすら一気に解決できる問題が中東にはないとも思えてくる。

関連書評
アラブ・イスラエル紛争地図 マーティン・ギルバート 小林和香子・監訳
ナセル〜アラブ民族主義の隆盛と終焉 池田美佐子
[図説]湾岸戦争〜ペルシャ湾岸の砦を巡る210日間の攻防

中東世界データ地図:歴史・宗教・民族・戦争
中東世界データ地図:歴史・宗教・民族・戦争
カテゴリ:雑学 | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 17:57 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3452
トラックバック