<< ノルマンディー上陸作戦 ナショナルジオグラフィック | main | 発見!恐竜の墓場 ナショナルジオグラフィックDVD >>

アイスマン〜死の真相を探る ナショナルジオグラフィック

 アルプスの氷河から発見された5000年前の「アイスマン」または「エッツィ」と呼ばれるミイラ。
 彼は背中に矢の刺さった他殺体であった。
 いったいどんな事情が彼を死に至らしめたのか。ミイラからの情報収集によって迫るDVD。

 石器時代のミイラと繰り返して言っていたが、厳密には銅器時代のミイラだった……精巧な銅の斧を所持していて、ミイラになっただけに留まらないスペシャルな存在であることが明らかだ。
 全身の残ったミイラから得られる情報は多く、DNAを取り出せたことで人類と病気の関係についても興味深い事実が判明している。それはもうイタリアだけじゃなくて人類全体の財産といえるはずだ。

 殺人の犯人についてはいろいろな状況証拠から、同じ部族の人物だと推定されていた。銅の斧を残したこと、しかし矢柄は抜いていたこと、食事の量などから説明されている。
 一緒に行動していた人物がアイスマンを後ろから射て、「あいつはクレバスに落ちて死んだ」などと仲間には説明していたのかもしれない。
 アンデス山脈での生け贄みたいに神への捧げ物として殺された可能性も考えてみたが、そういう事情があったなら他にも例がみつかってよさそうなものだし、殺害方法からも可能性は低い。

 農耕や精銅がはじまったことで貧富の差が拡大し、人類に恨みや妬みが生じる時代になってしまった証拠としてもアイスマンは雄弁な存在であった。

関連書評
古代中国〜兵士と馬とミイラが語る王朝の栄華

ナショナルジオグラフィックDVDレビュー記事一覧


ナショナル ジオグラフィック アイスマン 死の真相を探る [DVD]
ナショナル ジオグラフィック アイスマン 死の真相を探る [DVD]
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 14:43 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3458
トラックバック