<< ダイナソー・プラネット ピロラプトルの漂流記 | main | コウテイペンギン〜氷の世界のスーパーアイドル >>

徹底解明 ツタンカーメン死の真相 ナショナルジオグラフィック

 CTスキャンによってツタンカーメンのミイラを撮影し、その死因をあきらかにする試み。ついでに「ツタンカーメンの呪い」と言われたガーナヴォン卿の死についても迫ったり迫らなかったり――正直、尺のばしにしか見えなかった。あの結論を出すならば途中の検査は不要だった気がする。
 発掘者にとっては重要な情報で、気をつけてもらうためにもっと早くから分析されているべきだったけれど……日本の古墳は湿度が違うはずなので、その差が比較できたら面白い研究になるはず。

 ツタンカーメンの死因については比較的確定的な情報が得られている。患部の生体反応が観察できることは研究者にとって幸いでも、ツタンカーメン本人には地獄の苦しみだったに違いない。1〜5日か。仮に戦場の怪我だったら再現映像とは違って妃に看取られずに死んだだろうな。
 同情を禁じ得ないが、ファラオたちが行った戦争では同様の怪我人が多数出たことも忘れてはなるまい。

 ツタンカーメンが尻拭いをすることになったアクエンアテンこそ有名になるべきファラオで、「改革」と言って何でも劇的に変えれば巧く行くわけじゃないことを後世に伝えてくれている。
 ファラオが記録抹殺刑に遭いおるとは……。

 カーター隊のミイラに対する所行が酷すぎた。発掘品の撮影では評価していたのだが、カーターの隊では極端に「モノ」に偏った発掘が行われていたようだ。情けない話だ。

関連書評
CGで蘇る王家の谷 ディスカバリーチャンネル:こちらではカーターは好印象だった……
「もしも?」の図鑑 ピラミッドの建て方 中川武・監修

ナショナルジオグラフィックDVDレビュー記事一覧

DVD 徹底解明 ツタンカーメン 死の真相
DVD 徹底解明 ツタンカーメン 死の真相
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 20:42 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3468
トラックバック