<< 深海を照らしてみた!世にも不思議な海洋生物 | main | わたしたちのくらしと家畜2〜家畜にいま何がおきているのか 池谷和信 >>

わたしたちのくらしと家畜1〜家畜ってなんだろう 池谷和信

 ウシからはじまってウズラまで人間が家畜として利用している動物をリストアップして利用方法などを簡単に説明している。
 子供向けにしては難しい内容もところどころにあった。

 最後に「日本で家畜化された動物はいない」と著者がいっていて、「ニホンウズラ」は違うのか!?と混乱した。中国朝鮮ロシアにも分布しているらしいが?
 Wikipediaによればウズラは明治時代に入ってから日本での家畜化らしい。タイミング的に伝統のものとは言い難く、いないと表現したのかな。

 タイやラオスにおいては家鶏と野鶏が行き来ている場合があるとのこと。ほのぼのした交流風に描かれていても野生種の遺伝子を大切にする側には深刻な問題と思われる。
 生態的には野生を維持できる環境が残されていても、純粋な野生種は絶滅してしまっているかもしれない。

関連書評
そだててあそぼう42〜ミツバチの絵本 よしだただはる・へん
銃・病原菌・鉄1〜文明の始まり ナショナルジオグラフィックDVD
銃・病原菌・鉄 上 ジャレド・ダイアモンド/倉骨彰

家畜ってなんだろう (わたしたちのくらしと家畜)
家畜ってなんだろう (わたしたちのくらしと家畜)
インドの家畜の養老院が凄かった。闇があれば光がある。ただし、この光はヒンドゥー教じゃなくてジャイナ教だった。
カテゴリ:雑学 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:02 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3480
トラックバック