<< 寄り道の多い数学 大沢健夫 岩波科学ライブラリー172 | main | はじめての浮世絵1〜浮世絵って何?どうやってつくるの? >>

Q&A はじめよう!シカの資源利用 丹治藤治

 著者は、急速に生息数が増えてしまった日本のシカ問題に対して、資源利用による解決を提案している。単純な駆除ではシカを驚かせ、広範囲に移動させてしまうことで、逆効果になってしまっているとの主張だ。
 あと、大雪に非常に弱く、大量死が起きていたのが、地球温暖化の影響で安定して越冬するようになってしまった由。
 それでも、オオカミがいれば調整できたのかもしれないが。
 エゾジカについては頭数が減少に向かっているらしく、本州との差が気になった。さすがにあっちは降雪量が減っていないから?

 日本が参考にすべき例として、中国とニュージーランドにおける養鹿が紹介されている。中国での鹿飼育の伝統は200年を超えているらしく、新しい家畜への一歩を踏み出していると言えそうだ。
 ニュージーランドにはアカシカとニホンシカが導入されてアカシカが生き残り、増えすぎたものを民間主導の対策でやっと落ち着かせているとのこと。
 ニホンシカだったら直接的な参考になったので、ちょっと惜しい。

 国産の伝統工芸品でも中国産のキョンなどの皮が使われているらしく、シカの増加対策抜きでもそこは何とかした方がいい気がした。
 日本産のシカ皮で再興された印伝の写真をみて著者たちの本気を感じた。幼角を使った漢方薬については……漢方薬にするために希少動物を殺している悪いイメージを払拭するためにも、漢方薬業界は持続可能なシカの幼角を使うべきかもしれない。

関連書評
野生動物と共存できるか〜保全生態学入門 高槻成紀

Q&A はじめよう!シカの資源利用
Q&A はじめよう!シカの資源利用
カテゴリ:ハウツー | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:32 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3491
トラックバック