<< はじめての浮世絵1〜浮世絵って何?どうやってつくるの? | main | はじめての浮世絵3〜いろんな浮世絵を楽しもう! >>

はじめての浮世絵2〜人気絵師の名作を見よう!知ろう!

 深光冨士男・著

 江戸後期はずっと歌川派のターン!
 子供向けなのでしかたないが、ウタマロが世界に知られている背景に春画をあげられない片手落ち感……あくまでも美人画の一種と処理してしまえば、それまでなのかな?

 巻末では日本国内の浮世絵博物館・美術館が紹介されていて、北斎の名を関したミュージアムが2つに対して、広重は4つと大きな差がでていた。ほかには菱川師宣記念館があった。
 この比較では日本中の風景に密着した広重に有利に働いたのかな。

 明治期になっても活動していた浮世絵師は、当時の人々が求めていた文明の情報を届けつづけていた。浮世絵は最後までマスコミの機能を果たしていたんだな。
 役者絵が一ジャンルになるほど人気なのも変わらぬ国民性を感じさせる。

関連書評
はじめての浮世絵1〜浮世絵って何?どうやってつくるの?
月岡芳年の武者絵〜大日本名将鑑 歴史魂編集部

人気絵師の名作を見よう! 知ろう!
人気絵師の名作を見よう! 知ろう!
カテゴリ:雑学 | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 17:48 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3494
トラックバック