<< リンク 意外な起源〜剣からスパイ機へ ナショナルジオグラフィック | main | 学ぶ脳〜ぼんやりにこそ意味がある 虫明元 岩波科学ライブラリー272 >>

野鳥撮影術〜鳥の魅力を引き出す表現テクニック 山田芳文

 日本に生息する野鳥を魅力的に撮影する方法がわかるハウツー本。撮影者の注目点が説明された鳥の写真集としても楽しめる。
 一枚の写真を撮るためにも入念な下準備があり、しっかり計画を立てても自然の存在である鳥や背景となる雲などが思い通りに動いてくれるとは限らない。
 さすがに著者は鳥の動きを知り尽くしていて、写したい場所に鳥がくることを予想してシャッターを切れているようだが、アマチュアの野鳥撮影家にはなかなか真似できない芸当かもしれない。

 それでも著者が紹介したさまざまな野鳥の撮影方法を試していくことで、撮影した写真が単調になる事態は避けられそうだった。
 絞りを開放したボカシの多様、鳥の目にピントを合わせること、などは強く印象に残った。

 構図の取り方や意図の反映方法は自分が趣味でやっている3DCGを作る上でも参考になると感じた。

関連書評
GIMP2.6スーパーリファレンス 野沢直樹

野鳥撮影術―鳥の魅力を引き出す表現テクニック
野鳥撮影術―鳥の魅力を引き出す表現テクニック
カテゴリ:ハウツー | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 18:57 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3498
トラックバック