<< レクサスLFA スーパーファクトリーのすべて ナショジオ | main | 海のへんな生き物 ナショナルジオグラフィック >>

ロプ・ノールその他 寺田寅彦

 否定されている学説が蘇ってくるから青空文庫は怖い。
 当時の情報不足だからそれは仕方がない――大陸移動説すら認められていないのだ――として、ペルーの空中写真をみて世界中の空中写真集の刊行を求めるビジョンには感心した。グーグルアースが叶えたわけだが、寺田寅彦氏が期待したような変化が起こったのであろうか。
 内側にいるせいか、かえって解らない。情報があっても見てもらえなければ影響は与えられないしなぁ。

 また、氷河の溶けた水が涵養する文明というビジョンにも魅力的なものを感じた。
 実在はともかく、架空のそういう文明を想像してみるのも一興である。というか、設定だけは考えたことがあったりする。

 あと断層運動による流路の変更についても触れていたけど、実際に黄河の屈曲部は断層運動のせいで出来ているらしい。小さな例なら日本中にあるしなぁ。
 科学者と宗教の信者が、カタストロフへの危機感では意見を一致させられるという皮肉な認識もおもしろかった。

青空文庫
寺田寅彦 ロプ・ノールその他
カテゴリ:科学全般 | 07:01 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 07:01 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3508
トラックバック