<< 図説 室町幕府 丸山裕之 | main | ミーアキャット〜過酷な砂漠を生き抜く家族 ナショジオ >>

図解 最高の戦略教科書 孫子 守屋淳

 10万部売れたという「最高の戦略教科書 孫子」の図解簡略版。内容は薄くなっている分、読みやすさはアップしている。値段もお手頃だ。ビジネスへの利用を強調する度合いがあがっていて、イラストにもサラリーマンの姿が頻出していた。
 だが、現代において孫子を応用すればコンプライアンス違反になりかねないから注意が必要だ。日大アメフト部問題などは、反則を命令された選手を処刑される二人の美女に見立てた孫子の策を使っていたようにも見えるのだが、結果は大炎上である。
 すなわち現代においては「不敗」の体勢を確保できなくなっているわけで、そのあたりは孫子にしたがうつもりで、軌道修正しなければならない。
 が、そんなことを語っている孫子解説書はまだ読んだことがない。本書でも、残念ながらそのあたりへの意識は弱かった。相手企業が炎上すればチャンスとは書いているのだが……。

 あいかわらず孫子と比較できる古今の名言をあつめていて、そっちが孫子以上に興味深く感じられた。
 クラウゼヴィッツと孫子で正反対のことを言っている部分があるとの指摘など、柔軟に兵法書を読み解くためのヒントを与えてくれている。状況をきちんと把握せず、金科玉条にしてはダメなのだ。敵を知り己を知れば百戦殆うからず。

関連書評
最高の戦略教科書 孫子 守屋淳
孫子・三十六計 湯浅邦弘
アミオ訳孫子 守屋淳・臼井真紀

図解 最高の戦略教科書 孫子
図解 最高の戦略教科書 孫子
カテゴリ:ハウツー | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 20:15 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3520
トラックバック