<< セラミックス 第53巻 7月号(2018年) | main | よくわかる人工知能〜何ができるのか?社会はどう変わるのか? 松尾豊 >>

世界の美しい本屋さん 清水玲奈

「いつか行きたい世界中の名店ガイド」ということで、日本の書店はひとつも取り上げられていない世界の美しい書店写真集。
 あのTSUTAYA図書館が志向しているものが、おぼろげながらわかった気がしないでもなかった。カフェが併設されている本屋がけっこう多い。中には本を置いたBARというお店まで紹介されていた。
 それ以上に元々は別の建物であったものを本屋に改装したパターンが印象的で、その構造をいかした面白い陳列が試みられている。駅舎を本屋に改装して、だんだんと面積を広げている「バーター・ブックス」などは、建物を駅としても復活させたいと共同オーナー・店長が語っていて意気込みが凄い。

 お店紹介の最後に載せられている店長やオーナーのインタビューが、彼らの人生の一端を覗かせてくれて、非常に興味深かった。
 店主の父親が建物を買ったら「元書店だから書店として運営しろ」と無理難題を町役場にふっかけられて誕生したイタリアの「パラッツォ・ロベルティ書店」などは店主のヴェロニカ氏は今でもあまり本を読まないが作家と話すのは好きと語っていて、本大好きな人々とは違った視点を持っていそうだ。
 中東旅行の準備に本をあつめていたら「ぼくたちの考えた最高の旅行書店」を作る運びになってしまったドーント・ブックス・マリルボーンの店長とオーナーもおもしろかった。
 人生こうありたいものだが、やはり彼らの栄光の影には書店経営に失敗した多くの人が世界中にいるのだろうなぁ……。

関連書評
書店ポップ術 梅原潤一

世界の美しい本屋さん
世界の美しい本屋さん
カテゴリ:写真・イラスト集 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:30 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3525
トラックバック