<< 鳥になりたい!〜ウイングスーツで大空へ ナショジオ | main | 世界史リブレット100 ムハンマド時代のアラブ社会 後藤明 >>

耐火物 第70巻 第8号

明治の窯業技術者たちの生涯
 ワグネルとかグリフィスとかゼーゲルコーンとか、出てくるカタカナがいちいちカッコいい。明治の人も海外に憧れるはずだわ。
 明治時代の人の業績がきちんと記録に残っていて筆者が追跡できたことが興味深かった。

不活性ガス雰囲気におけるマグカーボンれんがの高温強度の経時変化
 重量が減った分はどこに消えてしまったのか?ガス化して排気されたとしか考えにくいが、なんだか不気味に感じてしまう。
 要約的な記事が多い中、けっこうたくさんのグラフが出てきて意外だった。

技術報告:Al4SiC4-C系マトリックスにおける耐食性モデル
 自己修復的な力をもった素材の研究。Al4SiC4-C系マトリックスから発生したAlガスとCOが反応してAL2O3と炭素として再凝集が起きて空隙を埋めるそうな。この凝集は吸熱反応なのかなぁ。スラグの湿潤との戦いなど、過酷な環境に置かれている素材である。

技術報告:炉内条件に適応したセメントロータリーキルン脱着帯用マグネシア・スピネル質れんが
 写真でのボロボロっぷりが凄い。表面が剥がれ落ちてある厚さに達するまでが平常状態という運用なんだろう。切断されたレンガの真ん中に長方形の黒い部分が現れているのが気になった。向かい合わせの切断されたレンガとは別のレンガのようだ。コランダムとスピネルはやはり強いんだな。名前が出てくれば、とりあえず良さそうな感じがする。

耐火物における熱力学計算の基礎
 とりあえず保存。

耐火物サロン:趣味から広がる世界
 イタリアの調理器具(クレイパン)は大きな熱容量で調理するタイプと。エネルギー効率は悪そうだ。日本は江戸時代のバイオマスしか燃料がなかった時代に調理器具の省エネが進んだのかもしれない。イタリアだって似た時代を経験していそうな気はするが。
カテゴリ:工学 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:57 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3538
トラックバック