<< 絵でわかる地球温暖化 渡部雅浩 講談社 | main | 積乱雲〜都市型豪雨はなぜ発生する? 小林文明 >>

羽毛恐竜と巨大昆虫 ナショナルジオグラフィック

 熱河ビオトープ(熱河層群)を始めとする熱い化石産地からの最新研究成果を存分に活かしたビジュアル再現。さまざまな恐竜や昆虫がCGでリアリティたっぷりに再現されている。もう少しで写真と区別の付かない雰囲気になりそうだ。あえてCGっぽさを残しているところがあるのかもしれない。

 ゾルンフォーヘンは熱帯のラグーン、遼寧省は火山近くで寒冷な気候だったと、有名化石の産出地について当時の気候に注目した紹介がされている点が興味深かった。
 気候がわかることで有名恐竜たちが生きていたときの姿が、より具体的にイメージできるようになった。
 それにしても遼寧省の産地は生物が豊かである。冬は雪が降っていたはずなのに意外と書かれているが、四季があるからこそ生物の種が豊富だったとも考えられる。
 ここで育った中国の古生物学者も生まれてきているようで羨ましい。こういう恵まれた化石産地があっても世界的に一億〜8000万年前の恐竜化石が空白になっているそうで、日本はそこをなんとか押さえてほしいものだ。

 今後期待される恐竜化石の産出シミュレーションも紹介されていた。とりあえずしばらくはラッシュが続いて、飽和したら歴史の文献研究みたいに見直しが盛んになるのかなぁ。
 そのときには博物館から再発見される新種が出て、発掘の有終を飾ってくれるかもしれない。

関連書評
そして恐竜は鳥になった 小林快次・土屋健
発見!恐竜の墓場 ナショナルジオグラフィックDVD

スーパービジュアル再現 羽毛恐竜と巨大昆虫 7つの謎で解き明かす太古の世界
スーパービジュアル再現 羽毛恐竜と巨大昆虫 7つの謎で解き明かす太古の世界
カテゴリ:地学 | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 20:25 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3558
トラックバック