<< ライブ・フロム・スペース 若田船長ISSから生中継 ナショジオ | main | 日本語の歴史1〜古代から平安時代 倉島節尚・こどもくらぶ >>

[最新]熱処理のしくみと技術 仁平宣弘

 2017年7月の発行で最新の熱処理技術を教えてくれる本。
 鉄の基本から、今後の発展が期待される技術まで充実した内容だった(難しかったが)。
 左ページに文章を、右ページに豊富な写真やグラフを表示する形式で、比較的読み進めやすかった。

 個人的には破損とその調査法のところが一番関心を持った。応力腐食割れにはSUS304からSUS316Lに変更した方がいいとのアドバイスを受けたことがあったけれど、SUS304Lに変えるだけでも効果があるんだな。
 破損の予防にエッジの排除が大切なことは、コストダウンの流れで無視されそうなので気をつけたい。

 それにしても著者の知識が広範なことには驚いた。これが、ちゃんと積み上げてきた人なんだ……。

関連書評
トコトンやさしい 薄膜の本 麻蒔立男

最新 熱処理のしくみと技術
最新 熱処理のしくみと技術
カテゴリ:工学 | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 10:25 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3577
トラックバック