<< セラミックス 第53巻 10月号(2018年) | main | 戦国大名と分国法 清水克行 >>

戦国軍神伝3〜前田利家の死闘 神宮司元

 死闘と煽られて本当に死んでしまう人物は珍しい。しかも、相手は思いもかけない羽柴秀吉から離反した黒田官兵衛である。前田利家が天下を取る作品が印象的な著者なので、利家の討ち死にには、どうしても特別なものを感じてしまった。

 さて、日本の中心部では家康と勝家、秀吉が争いを繰り広げている。さらに官兵衛が加わったことで非常に流動的な状態になってしまった。電撃的に自らの所領を広げた官兵衛の手腕は流石としか言いようがない。
 後継者にも恵まれているので、天下を取ってもそんなに不安がないところもポイントが高い。長政本人に天下を取らせるのは難しいが、当地なら秀忠に負けないだろう。

 戦いは非常に「足で稼ぐ」傾向の強いもので、日本の地理、道の繋がりを重視した独特のものに仕上がっている。地形図を首っ引きにして読むのが、正しい楽しみ方なのかもしれない。
 参加する武将も多彩なので、前提となる知識が揃っていないと楽しみにくいと感じた。いわいる上級者向けである。

 フィクサーとして活動しはじめた光秀が官兵衛にそそのかされて「できまする。それがしに、できぬことなどありませぬ……」と言い張っちゃうシーンに萌えた。まさか彼の人生にこんな展望が開けるとは――光秀=天海説を許すなら想像できないこともないな。

神宮寺元作品感想記事一覧

戦国軍神伝〈3〉前田利家の死闘 (歴史群像新書)
戦国軍神伝〈3〉前田利家の死闘 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:55 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3601
トラックバック