<< ジェーン・グドール〜我が愛しのチンパンジー ナショジオ | main | 日本海側最大級の縄文貝塚 小竹貝塚 町田賢一 遺跡を学ぶ129 >>

戦国軍神伝4〜森蘭丸長定の死闘 神宮司元

 表紙にもタイトルにもなっているのに、残念な散り方をした森蘭丸……直江兼継の引き立て役に終わった印象である。まぁ、近江での激闘に焦点があつまってから、出番がパッとしなかったからなぁ。
 天下人になってもらうには成長描写が圧倒的に足りなかった。

 徳川家康は蘭丸の誘いを断っていなければ大和での戦いに負けなかったのだろうか?しかし、官兵衛は負けない体勢を築いていたので元々計算に入っている森軍が加わったところで押し切れる雰囲気ではなかった。
 けっきょく、武士の意地をみせて官兵衛の首を一直線に取りに行くことが正解だったらしい。

 四カ国以上を手に入れた佐々成政がけっきょく掃討戦でやられてしまったらしきことが残念だった。真田昌幸と同じかそれ以上に無理矢理勢力を成長させられる人物だと思うのだが……やはり人気か。
 富田某みらいに散々戦局をひっかきまわしてくれた津田盛月も印象的な人物だった。戦場での異常な行動が想像に鮮やかすぎる。部下の血を吸って興奮するは、刀についた血を舐めながら戦う姿は、見事なバーサーカーであった。

神宮寺元作品感想記事一覧

戦国軍神伝4 (歴史群像新書)
戦国軍神伝4 (歴史群像新書)
カテゴリ:時代・歴史小説 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 20:32 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3610
トラックバック