<< 戦国時代の天皇 末柄豊 日本史リブレット82 | main | 一揆の世界と法 久留島典子 日本史リブレット81 >>

火星の科学-Guide to Mars- 藤井旭+荒舩良孝

「水、生命、そして人類移住計画 赤い惑星を最新研究で読み解く」という長いサブタイトルがついている。2018年の火星大接近にあわせて出版されたことが、あからさまな本。
 入門的な内容なのでローウェルの運河探しなど、アイスバーンな部分も多かった。

 それでも新鮮に感じたのは運河説を否定したアントニアジのスケッチが高く評価され、いくつか掲載されていたことと、日本のアマチュア天文家の活動が取り上げられていたことだ。
 また、キュリオシティ以降の火星探査機の活動は、あまり把握できていなかったので、興味深く読むことができた。アメリカはともかく、ヨーロッパとロシアによるエクソマーズミッションはノーマークだった。
 さすがに日本のフォボスからのサンプルリターンミッションは把握していた(フォボスへの着陸は世界初の挑戦と説明されているが、ソ連の探査機が挑戦自体はしたことがあったはず)。

 本書を通して、あいかわらず火星は人々の興味を引き続けていることがわかった。

関連書評
宇宙探査機 フィリップ・セゲラ著 川口淳一郎・監修 吉田恒雄・訳
MARS(マーズ)火星移住計画 レオナード・デイヴィッド
人類が火星に移住する日 矢沢サイエンスオフィス・竹内薫

火星の科学 ‐Guide to Mars-: 水、生命、そして人類移住計画 赤い惑星を最新研究で読み解く
火星の科学 ‐Guide to Mars-: 水、生命、そして人類移住計画 赤い惑星を最新研究で読み解く
カテゴリ:天文 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 20:59 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3620
トラックバック