<< 悟浄歎異―沙門悟浄の手記― 中島敦 | main | 近代中央アジアの群像〜革命の世代の軌跡 小松久男 >>

飢餓と戦争の戦国を行く 藤木久志 読みなおす日本史

 衝撃的な緊急避難。過去の日本には飢饉の際には、きちんと養う代わりに人を奴隷として購入していいという超法規的な風習が存在していた!
 そんな衝撃的な導入からはじまるサバイバルの時代を描いた一冊。

 著者のあつめた資料によって作られた年表から、毎年日本のどこかで飢饉が起こっていて社会情勢が非常に不安定だった様子がうかがえる。
 それが応仁の乱につながっていくという、トップダウンじゃなくて、ボトムアップからの政治と戦乱の視点を提供している。
 とかく非難されがちな足利義政の御所造営が、難民対策の雇用創出策だった可能性が指摘されていて、目から鱗が落ちた。
 飢饉で食べていけなくなった地方の農民も都市に出れば食べていける可能性がわずかにあったらしい。しかし、もちろん都市が養える限界があるし、飢饉が広域すぎれば自然と共倒れになる。

 飢饉が理由で戦乱が広がり、そのせいで耕作放棄地が増える負のスパイラルについては、よく脱出できたものだとひたすら感心するよりなかった。
 正直に言って、武田氏や上杉氏の略奪旅行は、その場しのぎすぎる。領土が増えても、そのため領土のどこかが飢饉になる確率があがって、さらなる戦争が必要になったりする地獄もありえる。
 名将と呼ばれる戦国大名でも、いつも必ず優れた戦略をもって軍事を行えていたと考えてはいけないのかもしれない。

関連書評
一揆の世界と法 久留島典子 日本史リブレット81
戦国大名と分国法 清水克行

飢餓と戦争の戦国を行く (読みなおす日本史)
飢餓と戦争の戦国を行く (読みなおす日本史)
カテゴリ:日本史 | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 19:46 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3633
トラックバック