<< シルクロード憧憬 マルコ・ポーロ 遙かなる東方への旅 | main | 稼げる!農家の手書きPOP&ラベルづくり 石川伊津 >>

鬼才 月岡芳年の世界 浮世絵スペクタル 加藤陽介

「血みどろ」絵師あるいは「最後の浮世絵師」とも呼ばれる月岡芳年の作品をテーマに沿って多数収録した本。本書初公開の絵もあるそうだ。
 最初に「血を描く」をもってきて、血みどろ絵の強烈なパンチを放ってくれた。これが娯楽になったというのだから、当時の人々は感性が違う。評価している最近の人とも、少しズレがあるかもしれない。
 血みどろ絵は芳年にとって一時期の表現であって、しかも過渡期的な作品であったことが、熱心に説明されている。

 その後は戦争画はともかく美人画や静的な武者絵など、方向性の異なる作品も描いている。
 ただし、根本の雰囲気は変わらず、コメントを寄せている山口貴由先生が言われるとおり、一発勝負の緊張感に満ちていた。だから長時間一枚の絵で人を引きつけられる。
 庶民が浮世絵を買うために払ったお金に見合う時間の「暇つぶし」に耐えられる作品を提供しているとも感じられた。

 個人的に惹かれた作品は月百姿の武田信玄。駿河湾ごしに月と富士山を見物している戦国大名の顔はごく一部しか描かれていないのに、姿勢と背中が人物を雄弁に物語っている。
 南朝の武将や天皇そのものが多く題材になっているところは、やはりに明治を生きた絵師であった。

関連書評
月岡芳年の武者絵〜大日本名将鑑 歴史魂編集部
はじめての浮世絵1〜浮世絵って何?どうやってつくるの?

鬼才 月岡芳年の世界:浮世絵スペクタクル (コロナ・ブックス)
鬼才 月岡芳年の世界:浮世絵スペクタクル (コロナ・ブックス)
カテゴリ:写真・イラスト集 | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:21 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3637
トラックバック