<< 稼げる!農家の手書きPOP&ラベルづくり 石川伊津 | main | 11の化石生命誕生を語る[古生代] ドナルド・R・プロセロ >>

嗅覚はどう進化してきたか〜生き物たちの匂い世界 新村芳人

 岩波科学ライブラリー278

 象さんはお鼻が良いのよね?そうよ、香りも習うのよ。

 そんな知識が身についた一冊。嗅覚に関する人間といろいろな生物の興味深い研究成果が集められている。嗅覚受容体遺伝子の種類から、様々なほ乳類の嗅覚が比較されている。
 我ら人類(約400種)はそれなりに成績のいい方だった。そして、イヌ(811種)よりもラット(1207種)よりも、ゾウ(1948種)の嗅ぎ分け能力が優れていることが分かった。
 「感度」においてはイヌが優れているとされているが、人に比べて一億倍鼻がいいなどと言われる研究データが最も古く最も極端なものであることが指摘されていた。
 ソースを追跡する大切さも学んだ。

 なお、ゾウとは対照的にイルカは12種類の嗅覚受容体遺伝子しか持たず、味覚も塩辛さの一種類しかもっていないそうだ(意外と粗雑なところがある)。代わりにエコーロケーションを発達させているとのことだが、有毒生物は学習で回避しているのかな?
 嗅覚の世界は(三つの色が見える哺乳類は珍しい視覚の世界も)生物が知覚している環境と人間が知覚している環境が大きく異なっていることを教えてくれた。
 案外、ロボットの周辺認識能力に関する研究でも、こういった知識は役に立つのかもしれない。

関連書評
つじつまを合わせたがる脳 横澤一彦 岩波科学ライブラリー257
錯覚の不思議 あなたの脳はだまされる! ナショジオ

嗅覚はどう進化してきたか――生き物たちの匂い世界 (岩波科学ライブラリー)
嗅覚はどう進化してきたか――生き物たちの匂い世界 (岩波科学ライブラリー)
カテゴリ:生物 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:53 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3639
トラックバック