<< ユーロファイター〜欧州を守る最新鋭機 驚異の製造現場 | main | 帝国宇宙軍1―領宙侵犯― 佐藤大輔 >>

宇宙へ。挑戦者たちの栄光と挫折  BBC

 NASAの貴重な映像を使ったドキュメンタリー。スペースシャトルへの輸送手段の転換は「進歩」として描かれている。まぁ、歴史にもしもはありえない態度でみれば、否定はしにくいのかもしれない。
 印象的な事故でなくなった人々の映像も収録されていて、胸の詰まる気持ちを味わった。
 過去の人々をとりあげた映像なら今はなくなっている人も多いだろうに、この直後に事故で亡くなると知って観る場合は不思議と特別に感じてしまう。
 生きている姿と死のイメージが直結するから?

 弾道飛行の成功直後は一躍時の人になった宇宙飛行士も今ではマニアにしか名前を知られておらず、後からやってきたアームストロング船長に半永久的な名声をもっていかれてしまうのだから、名声とは実にうつろい易いものである。
 競争相手であるソ連の事情については、無視と言っていいほど触れられていなかった。こういう映像のソ連版もあれば、すばらしいのになぁ。

関連書評
宇宙に挑む1〜彗星を追いかけろ ナショナルジオグラフィック

宇宙へ。挑戦者たちの栄光と挫折 [Blu-ray]
宇宙へ。挑戦者たちの栄光と挫折 [Blu-ray]
カテゴリ:映像資料 | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:40 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック