<< ハーバード白熱教室2「「富」は誰のもの?」「この土地は誰のもの?」 | main | 超訳こども「ニーチェの言葉」 齋藤孝 >>

眼科専門医が作った貼るだけで目がよくなるすごい写真 林田康隆

 ほんとー?
 疑いながらも、ちょっとでも視力がよくなったらラッキーと思って読んでみた。毎日1分はみる必要があるので自分で試すことはできないかも。
 写真がすごいというより、写真をきっかけに目を休める時間を作ることに効果があるのかもしれない。常軌を逸して目を酷使している人には確実に効果があるものと思われる。

 同じ場所から撮ったピントの異なった二枚の写真に、効果があるというのがおもしろい。写真はすでに平面になっているはずが、それでもピント機能に影響を与えるのか。
「脳内視力」という脳による映像補正能力に関連した言葉も出てきた。
 現代人は目に入ってくる情報量が多すぎて漫然とみてしまう悪い癖がついているとか。

 用途の関係で本が切り離して写真1枚ずつ、任意の場所に貼れる構造になっている。ポストカードブックっぽい。
 これなら同じ写真を複数の場所に貼りたい読者がいれば二冊目を買ってくれる可能性も少しは期待できる――カラーコピーされる可能性が高い。

関連書評
撮りに行ける風景写真 全国撮影地ガイド

眼科専門医が作った 貼るだけで目がよくなるすごい写真
眼科専門医が作った 貼るだけで目がよくなるすごい写真
カテゴリ:ハウツー | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:38 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック