<< 近世村人のライフサイクル 大藤修 日本史リブレット39 | main | わかる!使える!研削加工入門 海野邦昭 >>

生活の中にみる機械工学 望月修 コロナ社

 自動車からスポーツまで、生活の中に関わっている機械工学(個人的には物理だと感じたが)を紹介し、計算もみせてくれる本。
 名探偵コナンでやっていた水が噴き出す勢いの計算も載っていた。ソフトクリームの絞り金が六芒星型をしている理由など、思わぬものが出てきて興味深かった。
 アルミフレームで似た断面をみた気になっていたが、以外と六芒星型は曲げやすいんだなぁ。

 100mを走るときの計算みたいな知識は日本中のスポーツ指導者が知っているべきと感じたが、実際はどうなのだろう。悪いニュースばかりが目立つので心配になってしまう。
 水を手でかくときは、指一本分あけるといいんだな。
 そして、綱引きに勝つには摩擦係数の高い靴をクラス全体で選ぶのが近道だと分かった。世の中財力ですよ……。

生活の中にみる機械工学
生活の中にみる機械工学
カテゴリ:工学 | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:45 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック