<< 組合せ数学 ロビン・ウィルソン 川辺治之 訳 | main | 茶のある暮らし(my life in chanoyu) 千宗屋 >>

類人猿の王国〜過酷なリーダー争い ナショナルジオグラフィック

 ゴリラ・チンパンジー・ボノボ。類人猿たちが作る複雑な社会の有様が描かれる。
「王国」の「王」と大仰に表現されているが、群れのリーダーが適切だ。本人たちの感じ方は分からないが……。

 ゴリラのリーダー「タイタス」は成長した息子たちから挑戦を受けて、権力の座を追われることになった。なかなか残酷な結末が衝撃的だった。孤独になるよりは良かったのか?

 チンパンジーの王国では、フロイトとフロドの兄弟による権力闘争が思わぬアクシデントから進展をみせる。フロドが失脚した後にフロイトが返り咲く展開はないんだ……本人に不運はあっても落ち度はなかったはずなのにリーダーとしては再起不能らしいことが寂しかった。
 ヒヒを襲って食っているところでハンターとしてのチンパンジーの一面を知った。生肉を食っている様子は衝撃的である。

 ボノボでは密猟者に親を殺されたシャジミの奮闘が描かれていた。ちょっと泣きそうになった。

 こうなるとオランウータンの生態も気になるのだが、良質な動画が不足しているのだろうか……あまり群れない?

関連書評
類人猿に学べ〜恋愛のオキテ ナショナルジオグラフィックDVD

ナショナルジオグラフィックDVDレビュー記事一覧

ナショナル ジオグラフィック 類人猿の王国 過酷なリーダー争い [DVD]
ナショナル ジオグラフィック 類人猿の王国 過酷なリーダー争い [DVD]
カテゴリ:ナショナルジオグラフィックDVD | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 11:39 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3688
トラックバック