<< ドルのすべて〜通貨を支える舞台裏 ナショナルジオグラフィック | main | 海底美術館 ジェイソン・デカイレス・テイラー >>

霊長類図鑑 公益財団法人 日本モンキーパーク編

「サルを知ることはヒトを知ること」霊長類学と深い関わりを持ち続けてきた日本モンキーパークが送る霊長類図鑑。図鑑部分よりも図解部分の方が大きく、研究の上で興味深い情報をとりあげている。
 チンパンジーとニホンザルは扱いが大きい。
 地域ごとに異なるチンパンジーの文化的行動が、わかりやすくまとめられていた。人間に比べてしまうと大人しい気がするが、人間に比較できる時点で特異と考えるべきかな。
 ヤクシカに騎乗するヤクシマのニホンザル亜種が、牧畜に目覚めないものか。そういえばシカ牧場の必要性を訴えている本があった。牧羊犬ならぬ、牧鹿猿が仕込めれば!?

 図鑑の情報だけでも軍隊アリの後を追いかけて驚いて飛び出す昆虫を食べる事例が観察されたサルがいたり、霊長類の賢さ・柔軟性が分かる本だった。著者の中にはチンパンジーを匹じゃなく人で数える人まで出ている。
 日本モンキーパークには人が少ないときに行ってみたいなぁ。

霊長類図鑑―サルを知ることはヒトを知ること
霊長類図鑑―サルを知ることはヒトを知ること
カテゴリ:生物 | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 10:06 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック