<< 火星を知る! 吉川真・監修 三品隆司・構成 文 | main | 徳川綱吉〜犬を愛護した江戸幕府五代将軍 福田千鶴 >>

科学のアルバム ムギの一生 鈴木公治

 子供向けに書かれたムギの本。写真がたくさんある。花粉が飛び散るところのストロボ写真は表紙になるほど印象的。でも、自家受粉しちゃうから基本的には無駄弾……花粉が減る方向に品種改良されなかったのは、昔の人にはそんなに見る機会がないからか。減らしても収穫が目立って増えるほど大きな影響はない?スギ花粉すら迷惑がわかって花粉の少ない品種が作り出されているくらいだからなぁ。

 胚乳に注目して成長段階ごとの断面写真が撮られている。もしも、事前に胚乳を切り取って減らしておいたら成長できるのか?そんな実験を見てみたくなった。
 昔の方が粒は小さそうだし大丈夫かなぁ。

 シャーレにイネの種とムギの種を並べて、イネの種だけ水中でも発芽するところを撮った写真が両者の違いをはっきり示していて良かった。陸稲でも水中でやっていけるポテンシャルは残っているのかな。

関連書評
そだててあそぼう7〜ムギの絵本 よしだひさし・へん/めぐろみよ・え

ムギの一生 (科学のアルバム)
ムギの一生 (科学のアルバム)
カテゴリ:生物 | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 00:09 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3712
トラックバック