<< ユーラシア動物紀行 増田隆一 | main | ランボルギーニ・アヴェンタドール ナショナルジオグラフィック >>

フォッサマグナ〜日本列島を分断する巨大地溝の正体 藤岡換太郎

 新潟県から静岡県まで、日本を東西にわける巨大な構造であるフォッサマグナの正体について、著者なりに迫ってみようとした著作。世界にも類似例が見つからないフォッサマグナは「鵺」あつかいされている。
 源頼政を気取った著者は見事に鵺を射抜くことができるのか。

 とりあえず北部と南部ではフォッサマグナでも大きく異なっていることは覚えておきたい。だいたい諏訪湖が北部と南部の境界に当たるらしい。
 フォッサマグナの深さが地下6000m以上あり、ボーリング調査でも基盤岩にたどり着けていないことに驚いた。
 どんだけ繰り返し活動して沈み込んでいるのやら。近くに住むことの危険性と地質構造の安定性を思う。

 フォッサマグナの成因については海溝の三重会合点と「火の気」が、影響していると著者は考えている。
 いろいろ1500万年前の「偶然」が重なって出来ているっぽいが、地質学においては一度限りの偶然もありえるから困る。再現できるとすれば、縮小した実験やコンピューターシミュレーションか?
 房総沖の海溝三重会合点が海底地形図で見るだけでも凄くて異常に思える。出来方に疑問がもたれていないだけで、これもとんでもない構造だ。「ちきゅう」に掘ってほしくなる。
 また、日本海の拡大も興味深い現象である。日本海のプレート拡大的な火成現象についてフォッサマグナの成因を論じるまで、触れられていた記憶がほとんどなく、唐突に出てきたように思えた。
 海底地形からも証拠は普通にあるので詳しく説明する必要はないと考えたのかな?

 フォッサマグナをとっかかりに地質構造に関するいろいろな説を知ることのできる本でもあった。


フォッサマグナ 日本列島を分断する巨大地溝の正体 (ブルーバックス)
フォッサマグナ 日本列島を分断する巨大地溝の正体 (ブルーバックス)
カテゴリ:地学 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:47 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック