<< 戦国の城の一生〜つくる・壊す・蘇る 竹井英文 | main | 花粉症がラクになる 赤城智美・吉村史郎 >>

図解 誰でもできる石積み入門 真田純子

 段々畑になくてはならない農家の人が作った石積み。その技術が失われようとしている中、著者が立ち上がり石積み教室を開いた。
 高齢の石積み技術者から著者が得たノウハウをわかりやすくまとめた一冊。
 コンクリートやモルタルを使わない空石積みはエコであり、資源の再利用が可能。人力「さえあれば」築くことができる。そんな実態がわかり、城跡巡りを趣味にしている人にも興味深いと思われる。
 よく農家の築いた石垣を、戦国時代の石垣と間違えてしまって問題になるので、城跡研究家も石積み教室に参加してみると面白いかもしれない。まぁ、石が斜めに入る落とし積みが近世以降の技術であることは有名だが。

 しかし、作業はやっぱり大変そうだ。最初のうちは30分ごとに休憩を入れておかないと疲れてしまうらしい。「ぐり石」が表面の石よりも重要な面があることも分かった。
 長年の石積みで培われてきた作業に関する細かいノウハウは、羽柴秀吉がいれば一つも逃さず記憶したに違いない。

 イタリアの事例も紹介されていて、独立壁を築いて中に土を運び上げて畑にしていたと知った。まるで山の輪中だな……。最初に写真が紹介された徳島県の「高開の石積み」は、まるでマチュピチュに見えた。これは名所にもなるわ。

関連書評
戦国の城の一生〜つくる・壊す・蘇る 竹井英文
石造物が語る中世職能集団〜日本史リブレット29 山川均

図解 誰でもできる石積み入門
図解 誰でもできる石積み入門
カテゴリ:ハウツー | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 14:29 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック