<< 岩合さんの好きなネコ 岩合光昭 | main | 覇者の戦塵1945〜硫黄島航空戦線 谷甲州 >>

図説 古代ギリシアの暮らし 高畠純夫・齋藤貴弘・竹内一博

 アテナイを代表として、古代ギリシアの暮らしを様々な視点から描いた意欲作。当時の人々の日常生活について、分かっていることは多いとも、少ないとも思える。
 裁判の記録が貴重な情報源になっている点は古代メソポタミアと同じく皮肉である。そういえば中国の西域から出て来た木簡でも、もっとも長い文は裁判に関わることだったなぁ。そもそも文字の起源と裁判も結びつきが強そう。

 図説の本だけに、挿入されている図がとても充実していて、そこを眺めているだけでも楽しめる。
 娼婦がおしっこしている壷絵なんて代物まで、あるのはご愛敬?
 壷絵の「ネガ」と「ポジ」が、きれいにタイミングを揃えて入れ替わったため、年代特定の助けになっている点が興味深かった。流行りじゃなくなった壷は一気に使われなくなったのかなぁ。今に多く残っているからには積極的な破壊はされなかったのだろうけど、古代ギリシア人の流行に対する考え方を想像させられた。
 流行といえばファッションや女性の化粧についても言及があった。
 運動場で奴隷は裸になれない。裸になることが自由をあらわす「権利」みたいな面がある点もおもしろかった。

関連書評
世界史リブレット94〜東地中海世界のなかの古代ギリシア 岡田泰介
クセノポーンの馬術・ポダイスキー ヨーロッパ馬術小史 荒木雄豪・編
目で見る世界の古代文明シリーズ2〜古代ギリシア文明 クリストファ・ファッグ

図説 古代ギリシアの暮らし (ふくろうの本/世界の歴史)
図説 古代ギリシアの暮らし (ふくろうの本/世界の歴史)
カテゴリ:歴史 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 11:42 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック