<< 月の地形観察ガイド 白尾元理 誠文堂新光社 | main | 新版 縄文美術館 写真 小川忠博 監修 小野正文・堤隆 >>

動物たちの地球大移動 ベン・ホアー著 別宮貞徳 監訳

 移動という戦略をとる大小の動物たち。
 彼らの壮大な旅をそれぞれ追いかけていく。

 北極から南極へ、南極から北極へ旅を繰り返すキョクアジサシは頭がおかしい。本当に白夜依存症でおかしくなっているのかもしれない。さすがに空を飛べる鳥類の機動力はすさまじく、体重数十グラムの小さな鳥ですら驚くような渡りをするものがいた。

 海中にあってはクジラたちが遠距離を旅しているが、主な目的は安全な場所での出産にあるらしい。数ヶ月食事をしないなどの驚くほどの不便を堪え忍んでいる動物が多かった。
 オキアミの上下移動は規模が大きすぎて海水循環に影響を与えるし、アメリカイセエビが隊列を作って深海へ歩いていく様子はユーモラスである。

 陸上の歩く動物たちは人類によって移動を制限されてしまっている場合が多くて、アフリカは本当に貴重な場所になっていた。あとは北極圏や中央アジアくらいかなぁ。
 動物の移動をウォッチングする適地が紹介されているものの、欧米視点の本なのでアジアの適地はほとんど見あたらない。そこがちょっと残念だった。

関連書評
野鳥フィールドノート 水谷高英
子どもと一緒に覚えたい 野鳥の本 山崎宏・加古川利彦

ビジュアル版 動物たちの地球大移動―空と海と大地をめぐる神秘のライフ・サイクル
ビジュアル版 動物たちの地球大移動―空と海と大地をめぐる神秘のライフ・サイクル
カテゴリ:生物 | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 15:44 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3729
トラックバック