<< セラミックス 第53巻 3月号(2019年) | main | 明智光秀 東美濃物語〜光秀45の謎〜 籠橋一貴 >>

必見!関ヶ原 監修 小和田哲男 発行 岐阜県

 関ヶ原合戦に絡めて関ヶ原を観光するときに便利なハンドブック。関ヶ原合戦の概要が、それまでの流れまで含めて簡潔に説明されている。また、目立った武将についての説明もある。
 まとめられると島津勢が天下分け目の戦いにおいて私情に囚われる身勝手な連中に思えてきた……小早川勢よりも思い切りが悪いようにすら見えてしまう。島津も最初から迷走しているからなぁ。最後に見せ場を得られなければ、なんと言われていたことか。

 小早川への問い鉄砲はなかったとされると説明しながら、その後の説明では繰り返し問い鉄砲のことが出てくる。
 これでは検証よりもイメージの方が強くなってしまう。
 そもそも関ヶ原合戦の展開自体が疑問をもたれてきているので、流布した通説どおりの方が、関ヶ原の観光にとっては都合がいいのだろうと斜に構えた見方もしてしまった。

 関ヶ原を歩き回るときに巻末資料を利用しなければ、島左近を撃った黒田隊の管六之助の名前がいちばんの収穫かもしれない。

関連書評
戦国の陣形 乃至政彦
フィールドワーク関ヶ原合戦 藤井尚夫

必見! 関ケ原
必見! 関ケ原
カテゴリ:日本史 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 09:15 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3734
トラックバック