<< 日本の古生物大研究 冨田幸光・監修 | main | 水生昆虫大集合〜水辺に生きる昆虫たち 築地琢郎 >>

うまれたよ!イモリ 写真・文 関慎太郎

 イモリの誕生から成長をおいかけた自称「写真絵本」
 大人になって陸上行動をしているときの生態は意外とよく分かっていないらしい。雌が100〜400個の卵を産むというのだから生存率は推して知るべし。
 かなり厳しい生活を送っていそうだ。

 卵から出たときは前足しかなくて、前足ががっしりしてきてから後ろ足が生えることを知った。
 同じく幼生時代は水中生活のオタマジャクシから考えれば不思議な事じゃないのに、知らないから不思議に感じてしまう。
 たしかカエルは後ろ足から生えるから、それぞれ優先する足が違う点も興味深い。

 表紙にもなっているエラのある顔は特徴的でかわいい。

よみきかせ いきものしゃしんえほん (34) うまれたよ!  イモリ (よみきかせいきものしゃしんえほん)
よみきかせ いきものしゃしんえほん (34) うまれたよ! イモリ (よみきかせいきものしゃしんえほん)
カテゴリ:生物 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 21:49 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3749
トラックバック