<< タケの大研究 内村悦三 | main | 陶芸で多面体〜フラーレン、ナノチューブ、トポロジー 石黒武彦 >>

知られざる縄文ライフ 誉田亜紀子

 縄文時代の最新研究をわかりやすく紹介する本。縄文時代に興味があるのに、学校で習ったことから知識がアップデートされていない人に向いている。

 極一部のシャーマンがつけていたであろう漆塗りの櫛が一般的な装飾品に感じられてしまう描写があったり――別のところではヒスイなどは特別なアイテムだと説明はされているのだが――注意が必要に感じられる部分も見受けられる。
 婿通い婚だった可能性を示しておきながら、交易のついでに嫁入りする女性のイラストがあったりもした。そういう例も普通にあっただろうけど。
 ……あれだけ長い時代と広大な地域を一冊にまとめることの難しさを感じる。

 一番興味深かったのは縄文時代の服作成に掛かるコストで、一日8時間編むとしても1年以上かかるそうだ。
 まぁ、戦国時代でも農民は悪くすれば一生に一着に近い状態だったらしいからなぁ……現代との差がとても大きい分野である。

知られざる縄文ライフ: え?貝塚ってゴミ捨て場じゃなかったんですか!?
知られざる縄文ライフ: え?貝塚ってゴミ捨て場じゃなかったんですか!?
カテゴリ:日本史 | 06:21 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 06:21 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/3771
トラックバック