<< 足の下のステキな床 | main | 古代史散策ガイド 巨大古墳の歩き方 大塚初重 >>

懐かしの北恵那鉄道 吉村毅 岐阜新聞社

 中津川市を走っていたローカル鉄道、北恵那鉄道の写真集。ずいぶん昔に廃線になってしまった鉄道だけれど、会社はバス会社として現在まで存続している模様。
 電車や駅舎は2002年に最後のものが解体されてしまったようだ。もったいない。

 基礎部分の説明文や路線図がないのでわかりにくかったが、元々は木材を運ぶために造られた鉄道らしい。中津川市のあたりは花崗岩に恵まれていて、それを運んでいると説明のある写真もあったので、石材輸送を重視しているものと勘違いした。
 そういえば木材の名産地である木曽も近い。

 著者が語る北恵那鉄道のエピソードで、ある運転手だけが踏切が廃止になった後も、同じ場所で警笛を鳴らし続けており、著者にはそれが分かった話がローカル鉄道らしく、濃厚な人間関係を感じさせた。
 現在だと後から引っ越してきた人から騒音だって苦情が入りそう……。

懐かしの北恵那鉄道
懐かしの北恵那鉄道
カテゴリ:雑学 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 21:41 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック