<< 世界の伝承あやとり 極北圏のあやとり 野口とも | main | 世界の伝承あやとり アジア・アフリカ・ヨーロッパのあやとり 野口とも >>

廃城をゆくベスト100城 イカロスMOOK

 日本100名城とは違って、近世城郭は少なく、「廃城」らしく破却の跡が残る城も多く紹介されている。
 変わったところでは古代山城が二つあげられていた。なお、北海道のチャシ、沖縄のグスク、朝鮮半島の倭城は出てこない。

 縄張図や写真を使った見所の紹介もさることながら、調査報告や城の来歴を簡単に紹介しているところが良かった。
 何となくその城が歴史の中で果たした価値がみえてきた。
 女性が落城時に井戸に飛び込んだ伝説がある城で、実際に井戸の底を調べて人骨がないことを確認した城があるんだな……調べた人は精神的に大変だったろう。
 ガチの考古学者はあまり気にしないイメージもある。

 戦国時代の山城であっても石垣の残されている城が多くあって、ちょっと前のイメージに変更を迫られた。さすがに畿内の例が大半みたいだ。
 自分が行ったことのある城は5つくらいだった。本書の中にも書いてあるが、近くの行きたい城を調べるときの参考にして、さらに詳しい情報はいろいろ当たるといいだろう。
 あまりに下調べに囚われすぎて、訪問に踏み切れないのでもなければ。

廃城をゆく ベスト100城 (イカロス・ムック)
廃城をゆく ベスト100城 (イカロス・ムック)
カテゴリ:日本史 | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 20:31 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック