<< 世界の伝承あやとり アジア・アフリカ・ヨーロッパのあやとり 野口とも | main | 高速ジャンクション&橋梁の鑑賞法 >>

幻島図鑑 清水浩史

 アトランティスみたいな寓話や地図上の幻の島をあつかった本ではない。大半は実在するか、実在したとされる日本の島をあつかった本だった。

 エサンベ鼻北小島の「消滅」はネットのニュースでみた覚えがあったのだが、まさか著者が発見して新聞記者に連絡したとは驚いた。
 名前をつける際に海岸からの調査もしていないとは、おそまつなお役所仕事をみせられた。

 有人島が過疎化して無人島になっていく流れは、どこの島でも似通っている。教育と医療――もっと昔の事例にさかのぼれば電気――の格差が与える影響は計り知れない。陸続きの場所であったとしても、学ぶべき問題が含まれていると思った。

 それぞれの島の趣深い写真や地図が前半についていて、そこだけでも十分に楽しめるし、強い興味を感じたら後半の紀行文もあわせて読めば幻島の魅力がさらに伝わってくる。
 編集者もやっている著者がつくっただけに、構成にも工夫の感じられる一冊だ。

幻島図鑑: 不思議な島の物語
幻島図鑑: 不思議な島の物語
カテゴリ:雑学 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:54 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック