<< 星を楽しむ 星空写真の写しかた 大野裕明・榎本司 | main | アクセントの法則 窪薗晴夫 岩波科学ライブラリー118 >>

くらべる骨格動物図鑑 川崎悟司・著 大渕希郷・監修

 海パンさんという呼び名が最後に判明した。
 丸坊主の海パン男が他の動物の骨格に準じたポーズを取ってくれる変な動物図鑑。完全に笑わせに来ているイラストが一つや二つではない。
 ヒトが動物を真似するために無理のあるポーズを取っているように見えるときは、ヒトが他の動物がするには無理のあるポーズを取っていると考えるべし!
 直立二足歩行は、それほどスペシャルだ。

 骨格まで解剖することで、ヒトも動物の一種として相対化して見つめ直すことができた。
 ウサギを仰向けにすると人間で言うエビぞり状態であり命の危険さえある、などトリビアも盛りだくさん。キリンの背骨がひとつ首の骨みたいに機能していることには驚いた。
 笑えるし話の種になる本だ。

ウマは1本の指で立っている!くらべる骨格 動物図鑑
ウマは1本の指で立っている!くらべる骨格 動物図鑑
カテゴリ:生物 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 22:59 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック