<< 光る化石〜美しい石になった古生物たちの図鑑 土屋香・土屋健 | main | ドルイド僧−不可解な聖職者たち− A・P・フィッツパトリック >>

秘密結社テンプル騎士団−謎に包まれた聖地の守護者− ニコラス・ベスト

 開かれた封印 古代世界の謎12

 フィリップ4世の悪名を後世に轟かせた事件だったね。ダンテに地獄に投げ込まれているのは、すごい。財政難を解決するために失ったものが大きすぎる。
 5000人を一斉逮捕して、20人しか逃さなかった手腕はある意味で見事だが……当時のフランスにそれほどの組織があったとは!

 テンプル騎士団に対して行われた拷問も壮絶で、簡潔に表現されているだけでも身の毛がよだつ。
 逮捕された瞬間に自分に行われることを予想できたら自殺したくなる。まぁ、修道士ということもあり、自殺は厳禁なのかな……緩慢な死に至る囚われの身に甘んじた騎士団員も、拷問の後遺症に苦しんだ人間がたくさんいたに違いない。

 フランス王国に最大限の打撃を与えたド・モレー総長の立ち回りが興味深かった。

秘密結社テンプル騎士団―謎に包まれた聖地の守護者 (開かれた封印 古代世界の謎)
秘密結社テンプル騎士団―謎に包まれた聖地の守護者 (開かれた封印 古代世界の謎)
カテゴリ:歴史 | 23:15 | comments(0) | -

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:15 | - | -
コメント
コメントする