<< 太陽系探査の歴史&宇宙に近づく22のアクティビティ | main | 千年の王国ビザンチン〜砂漠の十字架に秘められた謎〜 >>

大人の恐竜図鑑 北村雄一 ちくま新書1315

 文庫で読みやすいイラスト付きの恐竜本。著者がイラストも描いているので考証についての説明に淀みがない。説得力がある。4ページに2ページのペースでイラストが挟まれていることもあって、スムーズに読めた。

 恐竜本界隈が抱えている問題について、いろいろ言及していて恐ろしくも興味深かった。問題児的な恐竜ファンの話には戦慄を覚える。少年の心で恐竜を好きになるのは良いが、何歳になっても少年のレベルで恐竜を語ることは弊害まみれである。
 憧れは理解から最も遠い感情なんだな……。
 ライターのページ単価が下がっているため、Wikipediaの引き写しが増えている話題まで気にしてしまうと、出版業界の問題について考え込んでしまうので、とりあえずおいておきたい。

 著者は恐竜が群れた説に対して、懐疑的ないし慎重な姿勢で一貫していて、なかなか新鮮だった。ボーンベッドだけでは群れの証拠とするには弱いと言われればなるほどである。
 少なくとも異地性の化石では……。

 さすがに著者の主張をすべて正しいと受け止める気にはなれなかったが、アイスバーンな恐竜本の中でも新しい知見を与えてくれる本だった。

大人の恐竜図鑑 (ちくま新書)
大人の恐竜図鑑 (ちくま新書)
カテゴリ:古生物学 | 12:40 | comments(0) | -

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:40 | - | -
コメント
コメントする