<< 南太平洋大決戦2〜豪州攻略作戦! 林譲治 | main | 最強の帝国〜覇者たちの世界史 ナショナルジオグラフィック別冊 >>

南太平洋大決戦3〜ダーウィン沖激突! 林譲治

 表紙にキングジョージ浩さ蘋鏨呂いるので気になっていた。デューク・オブ・ヨークだった。気がついたらイギリスとばかり戦っていた。オーストラリア陸軍とも戦っているが、ビショップの部隊との戦いが中途半端に終わった感じがある。3巻の分量でいい着地点を見つけるのは難しいのか。
 気がつけば半分は、工藤のおっちゃん戦記だったなぁ。酒屋のやり手経営者は南半球でも有能。

 ボフォース40mm機関砲をサルベージするところで、同じ著者のプリンス・オブ・ウェールズをサルベージして使用する話を思い出した。
 技術者たちの会話には、自分で自分の作品に突っ込んでいるところがあるような……あの作品の杵柄を使って書いているのも感じたが。

 イギリス海軍の側が、通商破壊戦を仕掛けてくる展開は、なかなか新鮮でおもしろかった。商船改造空母と客船を活用して巧みに戦っていた。

林譲治作品感想記事一覧

南太平洋大決戦(3) ダーウィン沖激突! (ヴィクトリーノベルス)
林 譲治
電波社 (2016-07-14)
売り上げランキング: 157,779
カテゴリ:架空戦記小説 | 23:18 | comments(0) | -

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:18 | - | -
コメント
コメントする