<< MARS|火星 未知なる地表 惑星探査機MROが明かす、生命の起源 | main | 異邦戦艦、鋼鉄の凱歌2〜ポートモレスビー作戦! 林譲治 >>

異邦戦艦、鋼鉄の凱歌〜マレー沖の激突! 林譲治

 タイ海軍が日本やイギリスに発注した戦艦ターチンとメークロン。その存在は南シナ海のパワーバランスを複雑にしていた。
 ターチンとメークロンの整備をうけおうバンコクの中村造船所では日本による2戦艦奪取の陰謀が巡らされ、太平洋戦争開戦と同時に彼女たちは日本のものとなる。

 数奇な運命をたどる出戻り輸出用戦艦の戦記。
 いきなりタイ海軍が戦艦を2隻も保有するバランスの悪さが、各国の外交事情で説明されている。ふつうは巡洋艦にしておくだろう……しかも、大砲に関しては42センチで大和級以外では最大口径ときた。
 防御は巡洋戦艦並だがダメージコントロールに配慮して、干された藤本少将の復讐心がこもった仕事だけに尖ったスペックになっていた。

 火災による電線と塗料の話は、林譲治氏の作品でみない例がないと思えるほど頻出している。今回も駆逐艦の火災実験で発見されると思いきや、Z艦隊との実戦で知られる結果となった。
 空母機動部隊に同行することでダメコン思想が、空母にも展開されていく形になりそうだ。

林譲治作品感想記事一覧

カテゴリ:架空戦記小説 | 23:50 | comments(0) | -

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:50 | - | -
コメント
コメントする