<< 異邦戦艦、鋼鉄の凱歌2〜ポートモレスビー作戦! 林譲治 | main | 見えない脅威 生物兵器 小林直樹 アリアドネ企画 >>

異邦戦艦、鋼鉄の凱歌3〜ソロモン決戦! 林譲治

 気がついたらマキシムゴーリキー号戦記になっていた。異邦戦(闘)艦とは元々ロシアの船だったマキシムゴーリキー号のことを指していたのか!?
 戦艦丹後1944年までが撃沈されないことはプロローグでハッキリしているからなぁ。マキシムゴーリキー号の方がスリリングだった。
 生みの親はダグラス・マッカーサー元帥である!
 レーダーを搭載した状況判断能力のある指揮官が乗った軍艦が現場にあるだけで戦況は大きく変わる。そんな結論にたどり着いた。

 3巻までなので玉木運用長の運用が改善されそうで「面白くなってきたな」発言が、続かないことが寂しい。
 タイトルに戦艦があっても陸戦要素の強い話だったことも覚えておきたい。旧式戦艦で艦砲射撃の贅沢ができるのは制空権を確実に握れる米軍だけで、日本帝国軍の艦砲射撃には丹後のような巡洋戦艦こそがふさわしかったのかも知れない。
 いっそ、高速のモニター艦もありなのでは?陸軍が建造して船舶工兵に使わせそう……。

林譲治作品感想記事一覧

カテゴリ:架空戦記小説 | 23:35 | comments(0) | -

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:35 | - | -
コメント
コメントする