<< 耐火物 2020/7 | main | 恐竜消滅―何がかれらを襲ったか― ダグラス・パーマー >>

セラミックス 第55巻 7月号(2020年)


■超高圧合成による超高靭性・透明セラミックスの開発
 元々は地学の地球深部の研究に使われていた高圧の機器が工学に応用されるようになっている。地学も世の中の役に立っているのだ。研究用としては高圧を出せる代わりにビーキーな機器だろうから、生産になるといろいろ障害が多そうだ。

■ CAD/CAMシステムを用いた歯科用ジルコニア審美修復
 残念ながら歯科治療とは縁が深いので身近に感じて興味深く読んだ。透明感の出し方にかなり拘りがあるようだ。自然にみせるためには、多層にして調整しないといけないなんて人体は複雑だな。

■ 深層学習による焼結体物性予測と説明可能性
 AIの難しい話。AIが注目している部分も間接的に推量する必要があるのか。確かにブラックボックス。相関性があるものは、さらに着眼点が読みにくい。評価の難しいことだ。

この人にきく 
 白磁を焼いている陶芸家のインタビュー。先達である富本憲吉の「紋様から紋様をつくるべからず」の言葉は、有名なアニメ監督も似たことを言っていた気がする。検索したら「紋様」じゃなくて「模様」でヒットした。陶芸なら紋様のほうが自然に思うけど。
 白磁の形を陰影で表現することは、光の当て方しだいで作品の表情が変わることになり、絵付けをされた作品よりも長く楽しめる可能性を感じた。
カテゴリ:工学 | 21:26 | comments(0) | -

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 21:26 | - | -
コメント
コメントする