<< セラミックス 第55巻 7月号(2020年) | main | ピラミッド―紀元前1万500年の天宮図― ロバート・ボウヴァル >>

恐竜消滅―何がかれらを襲ったか― ダグラス・パーマー

 開かれた封印 古代世界の謎17

 おそらく原著が1997年の本。
 恐竜絶滅の原因に関して、隕石説を取り上げながらも海洋生物の衰退はすでに始まっていたとして否定的な情報が集まっていると述べている。さらに精査すると、そうでもなかったことが判明するのだが……。

 恐竜が鳥の祖先である可能性にも触れているが、まだ定説にはなっていない。恐竜発見直後の古い復元図を取り上げて、新しい復元図も載せているが、その新しい復元図もすでに古くなっている。羽毛がない。
 イグアノドンも肉食扱いして、メガロサウルスと噛み合っている復元図ともいえないレベルの復元図が、かつてあったことに驚いた。
 リチャード・オーエンが「恐竜目」を創ったときにイグアノドンとメガロサウルスに加えてヒラエオサウルスも含めているのだが、ヒラエオサウルスについての知識がなかった。ちょっと調べてみたい。

開かれた封印 古代世界の謎シリーズ感想記事一覧

カテゴリ:古生物学 | 21:53 | comments(0) | -

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 21:53 | - | -
コメント
コメントする