<< ピラミッド―紀元前1万500年の天宮図― ロバート・ボウヴァル | main | バイキング伝説―謎の征服者たち― ピーター・シュレダーマン >>

トロイ―木馬伝説の古代都市― ドナルド・イーストン

 開かれた封印 古代世界の謎18

 ホメロスのイーリアスに歌われた古代の都市トロイ。その発掘調査の歴史がまとめられた本。
 シュリーマンの扱いが意外と小さくて、流れに乗った発掘者の一人のように感じられた。契約に反して財宝をすべて持って行かれたトルコにとっては詐欺師に思えてもしかたがないだろうな。
 第二次世界大戦において略奪をうけた歴史までついてきて、いわくの多い財宝である。その存在を巡ってドイツ・トルコ・ロシアが争うならシュリーマンのみつけたトロイの財宝こそが美女ヘレネだったというオチがつくのかもしれない。

 トロイのボスポラス海峡を通過するとき、風待ちをするために最適な入り江にあったという立地がわかりやすかった。
 あの入り江はいつ埋まってしまったのかなぁ。

開かれた封印 古代世界の謎シリーズ感想記事一覧

カテゴリ:歴史 | 23:20 | comments(0) | -

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 23:20 | - | -
コメント
コメントする