<< ベトナム 戦争と平和 石川文洋 | main | 夢の樹が接げたなら 森岡浩之 >>

星界の断章供/慌浩之

 ほろほろと思い浮かんだシーンをそれぞれ抜き出した感じの短編集。まぁ、本編の合間を埋めるものとして悪くはない。原作愛のなせる技って感じはするけれど。

併呑
 ドゥサーニュの態度は本当に帝国のためを思ってのものなのか。それは本人にも不透明な部分を残すだろう。ケネーシュとのやりとりが馴れ初めに近い時期なのに既に板についている感じ。苦手意識もマイナスに作用するとは限らないのだ。

嫉妬
 幼少期のこういう経験は人格形成に無視できない影響を及ぼすだろう。空の上のことはファンタジーに委ねてしまえば気楽だ。これでジントが女性だったら、対応がよほど変わっただろうな。

着任
 どうということはない話。一点あげるならジントの好青年ぶりが凄い。今の私ならジント萌えを発見するかもしれん。塹壕戦を戦うものが死に無自覚になるように、階級性社会に無自覚になる突撃艦へようこそ。

童友
 普通にいい奴だった、サグゼール。問題はむしろノール・エクリュアにありあり。それも彼女らしさなのだから仕方がないが。
 どうせならプールに行ってほしかったなぁ。ジントたちが誘えばあるいは?

転居
 「オーニュ」が睦言に聞こえてしまうようになっては末期症状。「ツンデレ」の語彙を持たない頃の私は幸福だった。今も今で幸福ではあるが。
 とてつもなくでかい、現代では国をひとつ買うにも匹敵しそうな買物があまりにもあっさり済んでしまった。ラフィールの経済感覚が絶無なのは理解しているが、ジントのそれも微妙だな。
 ところで、どうせ時空泡発生機関がないのなら城館に多少の機動力があっても程度問題なのでは?

謀計
 プライバシーがないなぁ。もっとも仲の悪い連中を組み合わせるのは論理的だが、どれだけ合理的なのやら。優秀な人事能力があればかなりの予防が可能だろうに――戦争の季節には止むに止まれず変な組み合わせが生まれる事もあるかな。
 トライフとエールが不仲な理由が明かされざるままなのが不満だ。どうも氏族にも関わってくる問題みたいだけど、生理的などうしようもないものなのかなぁ。

球技
 競技杖の材質は思ったよりも固いものではなく、スポーツチャンバラ的にイメージした方がよさそうだ。激しいというか、衝突事故でもあれば死人すらでかねないぞ、ベルポウコス。
 親が地上人である事の弊害が興味深かった。文化がちがーう!

訣別
 タリファの子守歌で出たような育児具が――文明は子宮を志向するという言葉を思い出す。まぁ、親から見れば悪いものじゃないと思うけど、差別的意識は問題外だな。

童戯
 ノールにも可愛いところがあったんだな。大人になった彼女はもっと慎重に柔らかい部分を包み隠すようになっているようだが、ひょんなことから意外な一面をみせてくれるかもしれない。幽霊好きで宗教に無関心なところは祖先から何かを受け継いでいる証拠か。

祝福
 皇太子とスポールはさぞかし話が合うことであろ。ほとんど鏡に向かって話しているようなものではないか。話していて互いにどんな感情を抱くのか非常に興味深い。
 ドゥヒールの扱いはどことなく不安な気分にさせられるものが確かにある。そんな彼だからこそ大きな成長をみせてくれるのでは、と期待したいのだが。

変転
 これが噂の叛乱か。スポールがまったくもってスポールである事に妙な安堵があった。絶望的な突撃はなんか気に入らないなぁ。むしろ遊撃戦を展開して最後までちくちく嫌がらせを続けてほしかった。
 自分達の王宮を躊躇なく破壊するアーヴの激しさにも困ったものだ。

墨守
 あえていおう暗君であると!
 歴史は大切だし、相手の出自を気にして侮辱するような連中は自分を侮辱しているのに等しいのだ。そんなものに影響されてしまったとあれば自らを侮辱することになる。だいたいアーヴが遺伝子操作を受けていることを理由に交易を打ち切ってくる相手もいるだろう。その時に遺伝子操作をやめるまでの覚悟があるのならともかく、歴史を偽るなど問題外。
 カリュー氏も変な意地を張らずに直情ではなく、慎重をもって行動していれば復元しやすいように歴史を編纂してしまう事も可能だったはずなのだが……。
 この頃のアーヴは地上に降りる事も厭わなかった様子だ。

星界の断章 2 (2) (ハヤカワ文庫 JA モ 1-10)
星界の断章 2 (2) (ハヤカワ文庫 JA モ 1-10)

森岡浩之作品感想記事一覧
カテゴリ:SF | 12:16 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 12:16 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/430
トラックバック