<< 興国の楯 通商護衛機動艦隊 ソロモン機動作戦 林譲治 | main | ストリンガーの沈黙 林譲治 >>

興国の楯 通商護衛機動艦隊 必中!「愛国」超兵器作戦

 辻政信いじりが凄まじいことになっている。仮にも国会議員だぞ、国会議員。それがヤクザのパシリの悲しい学生時代をにおわさせられたり、人間びっくり計算機として戦艦と戦う破目になるとは……笑わせてくれる。架空戦記小説でここまで笑ったのは初めてだ。
 焦熱の波濤のスーパー栗田くんみたいに思わぬ人物を大活躍させてくれるから林先生はおもしろい。今回は殴られ役の宇垣纏もどこかで立つ瀬を与えられることもあるだろう。

 そして海軍のおきざりがとんでもない。もう、海軍なしで陸軍と通商護衛機動艦隊だけで戦争できるんじゃないかと錯覚してしまいそうになる――空母と戦艦を冗談みたいに撃沈しているし。
 ……そしてアメリカ軍が可哀相でしかたがなくなってきた。

興国の楯 通商護衛機動艦隊―必中!「愛国」超兵器作戦
興国の楯 通商護衛機動艦隊―必中!「愛国」超兵器作戦
カテゴリ:架空戦記小説 | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 21:37 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/51
トラックバック