<< 興国の楯 通商護衛機動艦隊 ウエワク奪還作戦 | main | 死闘!特設第三水雷戦隊2 ミッドウェイ敵漸減作戦 林譲治 >>

死闘!特設第三水雷戦隊 Z艦隊轟沈作戦 林譲治

 あいかわらずネーミングセンチがアレな林譲治氏の架空戦記小説。120センチ超巨大空気魚雷を迷彩として発動機技術しいては航空機開発を底上げしているところが見逃せない、最終的にはジェットエンジンの開発にまで成功してしまうのだから。

 冒頭に未来を持ってきてから過去に戻る手法は林氏にしては珍しいと感じた。大正時代からの歴史改変の変遷をじっくりとみせてくれるのも珍しい。いつもは非嫡出子の如く「いつのまにかこんなんできてました」といわれることが多いのだ。
 員数外兵力を確保するのに鹵獲兵器を使う癖はいつもの通り。乙標的は存在を知られたら有効に機能しないと思うのだが硫黄島で活躍していたところをみると、更なる進化を遂げることになるのだろう。話の行く末が楽しみだ。

死闘!特設第三水雷戦隊 Z艦隊轟沈作戦
死闘!特設第三水雷戦隊 Z艦隊轟沈作戦
林 譲治
カテゴリ:架空戦記小説 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

カテゴリ:- | 21:00 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sanasen.jugem.jp/trackback/56
トラックバック